各種募集

演題登録について

  • 医療を支える多くの職種の方からのご応募を歓迎いたします。 
  • 当日の発表演題から、日野原賞、若手研究優秀賞、学術大会長賞を選出し表彰いたします。                                                                                                                また、学生セッションから数演題(最優秀発表賞、優秀発表賞)を選出し表彰いたします。 
    ※日野原賞、若手研究優秀賞の選考対象は立候補演題のみとなります。 
  • 下記演題応募に関しての注意事項を必ずご一読ください。 

発表日時についてのお知らせ

5月12日(金)は豊田市開催で、市民公開講座、予め指定された講演のみとなっており、皆様の演題発表につきましては5月13日(土)、14日(日)のいずれかとなります。
2月中旬を目処にお知らせできる見込みですので、今しばらくお待ち頂けますと幸いです。

演題募集期間

演題募集を終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。

※一般演題(口演・ポスター)、International Session(口演・ポスター)、学生セッション(口演・ポスター)の採択通知はお送りしています。
  届いていない方は、運営事務局までご連絡ください。

演題募集に関しての注意事項

応募資格

  • 症例報告、活動報告、研究、学生セッション、日野原賞の発表では、筆頭演者は本学会の会員であることが必要です。 
    *学生・初期研修医が筆頭演者の場合は、責任ある指導者(通常2番目の発表者)が学会員であることを条件に、非会員であっても発表いただけます。        (ただし日野原賞は除きます) 
    *演題登録システムの共著者の会員・非会員の欄に会員(指導者)とご記載ください 
  • 会員以外の方が応募される場合は、下記ページより入会の手続きをお願いいたします。 
    一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会 ご入会にあたって 

       入会手続きに関するお問合せ 
       〒550-0001 大阪府大阪市西区土佐堀1-4-8 日栄ビル703A 
       有限会社あゆみコーポレーション内 
       日本プライマリ・ケア連合学会担当係 
       TEL:06-6449-7760 / FAX:06-6441-2055 
       E-mail:jpca@a-youme.jp 

利益相反の開示について

  • 14回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会で発表するにあたり、筆頭演者および共同演者全員について、利益相反状態の開示をしてください。              下記を確認の上、演題登録画面の「利益相反(COI)について」ご回答ください 

      開示すべき利益相反状態
      発表内容に関連して営利を挙げることを目的とする団体に関わる過去3年間のもので、以下の基準によります 

  1. 役員・顧問職等の報酬(一つの企業・団体から年間100万円以上 
  2. 株式の利益(一つの企業から年間100万円以上、あるいは当該株式の5%以上保有 
  3. 特許使用料など(一つにつき年間100万円以上 
  4. 講演料など(一つの企業・団体からの年間合計100万円以上 
  5. 原稿料など(一つの企業・団体から年間合計100万円以上 
  6. 研究費・助成金などの総額(企業・団体か一つの臨床研究に支払われた年間総額が200万円以上 
  7. 奨学(奨励)寄付などの総額(一つの企業・団体から1名の研究代表者に支払われた年間総額が200万円以上 
  8. 上記の団体による寄附講座への所属 
  9. その他(旅費・贈答品などの受領)(一つの企業・団体から年間10万円以上 

倫理審査について

  • 「臨床研究を計画し、その実施を予定するJPCA会員は、倫理審査の申請に先立ち、当該研究が厚生労働省・文部科学省より発出されている                          「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」に基づいて計画されているかどうかについて確認してください 

発表データの取扱について

  • 日本プライマリ・ケア連合学会(以下、本学会)が主催する学術大会、各セミナーでの発表データの取り扱いについて、必ずこちらをご確認ください。

二重発表の禁止について

  • 抄録を登録する際は、登録段階でその内容についての論文が、学術ジャーナルには未投稿であることが条件です。
  • 他の学会等で既に発表した内容、もしくは発表の申込中である内容、あるいは、既に学術刊行物に掲載された、もしくは投稿中である論文、と極めて類似する内容の応募は禁止いたします。

演題種別について

口演は会場での発表のみとなります。 

ポスターセッションはハイブリッドを予定しています。 
(発表は現地のみとなります。) 
オンラインプラットフォームにもポスターデータ(ePoster)のアップロードをお願いします。 
※ポスターデータ(ePoster)のみの受付はありません、現地での発表をお願いします。

a. 発表枠

  • 一般演題 

          – 研究発表の場合は口演発表、症例報告・活動報告はポスター発表となります 

  • 日野原賞候補演題

          – 臨床研究に関する報告で、応募資格(生年月日が1983513日以降)を満たし、日野原賞選考審査を希望するもの、発表は日本語とします 

          – 抄録は構造化抄録とし、【研究・日野原賞 構造化抄録の形式】に従って記載してください 

          – 日野原賞の詳細については、こちらをご参照ください 

          – 日野原賞候補演題として学術大会に抄録を登録する場合、登録段階でその内容についての論文を学術ジャーナルには未投稿であることが条件となる 

  • International Session

          – 英語でのセッションです。発表、質疑は全て英語で行われます 

          – 詳細は、こちらをご参照ください 

          – International Sessionで発表された演題のうち、優秀なものを表彰します。発表の中のBest Investigator Award発表者の資格を問わない)1題と、                   Young Investigator Award日本人の若手発表者)1題が選出されます 

  • 学生セッション

          – 応募資格は学士課程の学生のみとし、修士課程や博士課程の学生を除きます 

          – 抄録の形式は自由ですが、他の研究症例報告活動報告の形式を参考に記載してください 

          – 抄録、発表の意義・内容、学会当日のプレゼンテーション等により、学生セッション最優秀発表賞、優秀発表賞が選出されます 

b. 発表種別

「研究」「症例報告」「活動報告」の基準は、原則として日本プライマリ・ケア連合学会誌の投稿に関する規則に準じます。投稿規定 5. 論文区分、構成、内容】の1)をご参照ください。なお、第13回大会から新規演題種別として「Research in Progress」を設定しておりますので、以下をご確認ください 

  • 研究

          – 量的研究、または質的研究、混合研究のいずれかで、原則として学会当日までに完了している研究に関する報告となります 

          – 抄録は構造化抄録とし、【研究・日野原賞 構造化抄録の形式】に従って記載してください 

  • Research in Progress 

          – 原則としてポスター形式のみとします 

          – プライマリ・ケアに関わる臨床研究のうち、研究計画段階であり、発表を通じて研究計画のブラッシュアップを行う意図のあるものを対象とします 

          – 抄録は構造化抄録とし、【研究・日野原賞 構造化抄録の形式に従って記載してください。                                                                                                                            探索型研究で【結果】が記載できない場合は方法までの記載でも可としますが、可能な場合は【結果】に予想される結果を記載してください 

  • 症例報告 

          – 個々の症例の診断、治療、経過などに関する詳細な報告やケースシリーズです 

          – 抄録は構造化抄録とし、【背景】・【症例】・【考察】に分けて記載してください 

  • 活動報告 

          – 原則としてポスター形式のみとします 

          – 日常の診療や地域における取組等の活動報告となります 

          – 抄録の形式は自由です 

c. 発表形式

  • 口演またはポスター形式となります。ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。 
  • 日野原賞は口演のみです。 

教育セッションコードについて

  • 本学会が主催する教育セッションを内容に基づいて分類し、学会の提供する教育コンテンツの全体像を把握することを目的に「教育セッションコード」の運用を開始いたしました。 
  • 研究、症例報告、活動報告、学生セッション、日野原賞は、それぞれの内容に応じたコードを1つ選択してください。International Session は分野の選択は不要です。 
  • 教育コードの詳細、一覧については、こちらをご確認ください。 

応募方法

  • 応募フォーム

          – 下記登録ボタンから登録フォームに進み、抄録を登録して下さい 

          – 推奨ブラウザ:Google Chrome, Mozilla Firefox, Apple Safari       最新版のご使用を推奨しております 

          – オンライン登録ができない方は運営事務局までご相談ください 

          – International Sessionの応募方法についてはこちらをご確認ください 

          – 登録後も締切前であれば抄録等の訂正が可能です。その際にはご登録時の登録番号と登録メールアドレスが必要です。                                                                                抄録登録時に必ず控えておいて下さい 

  • 演題採否と通知 

          – 採択通知は1月下旬頃(予定)にお送りいたします 

          – なお、後日カテゴリー、発表形式(口演・ポスター)及び分野の変更をお願いする場合がありますのでご了承ください 

  • 文字数制限・入力について 

          – 演題名:日本語全角換算 50文字以内 

          – 抄録本文:日本語全角換算 800文字以内

          ※制限文字数を超える登録はできませんのでご注意ください 

          – 筆頭演者+共同演者は最大15名、所属機関数は15施設までです 

          – 図表の使用はできません 

          – 英字および数字はスペースを含め半角で入力してください 

          – 空欄は必ず左詰にしてください。抄録本文記入欄も同様、先頭行は1マス空けたりせずに左詰で入力してください 

  • 登録時の注意点 

          – 演題登録時には、筆頭演者の職種・所属が学生・初期研修医・専攻医・指導医・メディカルスタッフのカテゴリーの中から                                                                        最も近いと思う属性を選択して下さい 

          – ご登録完了後、レイアウトをご確認いただき、演題名・抄録本文が途中で切れていないか必ずご確認ください 

          – 登録された抄録に関しては、誤字・脱字・変換ミスを含め、原則として事務局では校正・訂正を行いません。                                                                                              そのまま印刷されますので、登録者の責任においてご確認ください 

          – 登録締切後の変更および共著者の追加、変更は一切できませんので予めご了承ください 

          – ご登録いただいたメールアドレスに登録完了の通知が送信されます。メールが届かない場合は下記運営事務局までお問合せください 

お問い合わせ

14回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 
運営事務局 プログラム担当係 
International Conference Services, PTE., Ltd. 
105-0013 
東京都港区浜松町2-5-3リブポート浜松町 
e-mail:jpca2023-program@icsevents.com